中古ドメインをSEO対策に役立てていくにはどのようなことが必要で、どのような中古ドメインを選ぶことが効果的なのでしょうか。中古ドメインの役割について考えていきたいと思います。

中古ドメインをSEO対策に役立てる

サルベージとGoogleサジェストと中古ドメイン

ウェブサイトは長く運営していればGoogleサジェストが良い方向に進むことが多いのですが、中には運営を廃止することも多くあります。その場合、ドメインも放棄されてしまうことが多いのですがそのようなドメインをサルベージして再利用する新しいSEOの手法が注目を集めています。いわゆる中古ドメインと言われる手法であり、多くの新規のウェブサイトをいきなり検索上位にもっていったり、SNSでの評価がいきなり高いウェブサイトにできたりと良い手法と言われています。中古ドメインを利用することの最大のメリットは情報の引き継ぎです。長く運用されたドメインは検索サイトとSNS、ブログなどからの評価が集まります。もちろん、運営してれば貯まるというわけではなく、コンテンツがよくなければ蓄積されませんが、多くの長期運営サイトは良い評価が集まることが多いです。検索サイトでの評価は検索順位とインデックスで出てきます。特にインデックスについては財産であり、すぐに手に入れられないものなのでインデックスを引き継ぐことが最大のポイントとなります。検索サイトはウェブサイトをチェックしていますが、サイトが廃止になっても暫くの間はインデックスが残されることが分かっています。残っている間に中古ドメインを引き継げばインデックスはそのままの価値で新しいサイトを指し示すことになります。引き継ぐ際にはパスや内容をあわせる必要がありますが、インデックスの検索はドメイン検索を利用すればよいので比較的簡単に引き継げる手法として注目を集めています。中古ドメインはSNSやブログとの相互リンクや記事中のリンクが多いことも利点です。これらはバックリンクと呼ばれPVや検索サイトでの評価につながります。