中古ドメインをSEO対策に役立てていくにはどのようなことが必要で、どのような中古ドメインを選ぶことが効果的なのでしょうか。中古ドメインの役割について考えていきたいと思います。

中古ドメインをSEO対策に役立てる

中古ドメインのキーサードと契約者チェック

中古ドメインが話題となっていますが、主に検索サイトでの表示順位が新規サイトでも上がりやすいという理由からもてはやされてます。一般的に新規ドメインの場合は検索サイトでの評価は最低レベルから始まると考えられていますが、中古ドメインならキーサード判定もカテゴリ判定も有利に進むことが多く、新規サイトでもいきなり上位表示されるケースが多いからです。もちろん、すべての中古ドメインが効果があるわけでもなく、また、対象のサイトがコンテンツ不足なら表示順位が上がることはありません。重要なことはしっかりしたコンテンツを効果的に上位表示させるために中古ドメインが有効であるということです。
中古ドメインを選ぶ際はいくつか注意したいポイントがあります。その一つが契約者です。whois情報で前契約者が分かることが多いです。契約者が企業なら特に利用したいドメインであることが多いです。ただし、企業ドメインであってもブラックリスト化されているドメインも多いので注意したいです。ドメインの履歴は無料サービスでチェックすることができます。ドメインの履歴とはサイトのキャッシュのことであり、どのようなサイトが運用されてきたかが分かります。サイトの運用については検索サイトでの重要なポイントとなります。同じようなコンテンツを新たに設定するなら検索サイトでの評価が上がりやすいと言われています。また、アダルトサイトとして利用されている場合に一般コンテンツを持ち込んでもサイトの評価は上がりにくいと言われています。さらにスパム判定されたメールアドレスのドメインではそもそも検索サイトで弾かれる可能性が高いなどドメインは新旧含めて事前チェックが重要になっています。