当サイトについて

インフルエンザの治療薬には様々な治療薬がありますが、その中でもタミフルという治療薬がおすすめです。今ではジェネリックも販売されているほどですが、なぜタミフルが人気なのでしょうか。

インフルエンザってタミフルが良いのかな?

予防接種とタミフルは課税対象になる

インフルエンザは流行シーズン前の予防接種と予防薬としてのタミフル服用で感染及び発症を予防し、発症後は速やかに治療薬としてのタミフル服用が望ましいとされています。インフルエンザウイルスは、人間の1,000倍を超える確率で抗原性連続変異が引き起こされ、90%以上の遺伝子情報が変化してしまうので以前の予防接種による抗体が役に立たなくなる為、毎年予防接種を受けて抗体を形成して備える必要があります。又、予防接種は、成人男性の場合1回の接種で64%の予防効果があり、2回の接種で94%の予防効果があるとされています。
インフルエンザの予防接種は、消費税の表記も無く課税処理が行われている医療機関と非課税としている医療機関とまちまちな対応が行われていますが、インフルエンザの予防接種は自由診療となるので税務上は消費税としての処理が正しい課税処理となります。しかし、インフルエンザの予防接種に関しては、子供医療費助成制度や高齢者の負担金免除、会社による補助などが行われており、集団接種や自由診療による接種、非課税世帯、生活保護世帯の違いによっても異なります。
予防薬としてのタミフルは、感染者との接触から36時間以内に内服し、継続して1日1回の内服を10日続ける事で発症リスクを1.3%まで下げる効果があります。しかし、予防薬としてのタミフルの使用は、保険の適用対象外の自由診療となります。
治療薬としてのタミフルは、発症後48時間以内に内服する事でウイルスの増殖を抑制する効果がありますが、インフルエンザウイルスは8時間で100倍の猛烈なスピードで増殖するので、悪寒や身体に違和感を感じる発症初期に服用する事でつらいインフルエンザの症状を軽減する事が出来ます。