当サイトについて

インフルエンザの治療薬には様々な治療薬がありますが、その中でもタミフルという治療薬がおすすめです。今ではジェネリックも販売されているほどですが、なぜタミフルが人気なのでしょうか。

インフルエンザってタミフルが良いのかな?

子供にタミフルを飲ませる時の工夫

タミフルは、比較的若い年齢層にも処方されるインフルエンザ治療薬です。
インフルエンザ治療薬にはタミフル以外にもリレンザがありますが、吸引式なため2才児には処方されず、6歳~7歳になれば正しく吸引できるため、処方される場合があります。
一定の年齢に達した子どもや大人であれば、カプセルを服用するのは簡単ですが、小さな子どもになるとそうはいきません。
子どもは、タミフルの味が苦いことを嫌って飲みたがらないことがあるため、何らかの対処をして飲ませる必要があります。
一般的には、カプセルの中身を取り出し、清涼飲料水などに混ぜて飲ませるという方法がありますので、試してみることをおすすめします。
ただし、タミフルは苦い薬なので、かなり甘い飲料水に混ぜても苦くなってしまって、こどもが嫌がる可能性があります。
また、柑橘類系の飲料とタミフルを混ぜると作用が小さくなると指摘されているので避けましょう。
最も効果的な対処法として、アイスクリームと混ぜて与える方法があります。
チョコレートの風味と甘さ、乳製品などが作用してタミフルが持つ苦味をうまく消してくれます。
特にチョコレート風味がおすすめです。
バニラ風味だと抹茶アイスのように苦味を引き立ててしまうことがあるため、子どもが嫌がることがあります。
カプセル内に入っているタミフルを半分ほどをチョコレートアイスに混ぜて、スプーンを使って1口ずつ与えていきましょう。
インフルエンザ治療薬タミフルは、1歳~処方されており、特に高熱や関節・筋肉痛を感じるA型インフルエンザに効果があります。
もし、お子さんが飲むのを嫌がったら、カプセルを開けて中身をだしてチョコアイスに混ぜて食べさせてやると良いでしょう。