当サイトについて

インフルエンザの治療薬には様々な治療薬がありますが、その中でもタミフルという治療薬がおすすめです。今ではジェネリックも販売されているほどですが、なぜタミフルが人気なのでしょうか。

インフルエンザってタミフルが良いのかな?

風邪薬とタミフルの併用、及び血液検査への影響

インフルエンザに罹ると風邪に似た症状を示しその後、高熱を出し筋肉痛が継続し動くのも辛くなりますが、インフルエンザに感染したかどうかを判定する為にはCRP血液検査と呼ばれるものがあります。この検査は、血中のC反応性蛋白の量を測定するものであり、C反応性蛋白は炎症時に増加する為、インフルエンザに感染し炎症を起こすと増加し陽性となります。この時に医師からタミフルを処方されるかも知れませんが、この薬はA型・B型のインフルエンザには効果がありますが、C型や細菌性のものには効果がありませんし、発症後48時間以内に服用しなければ効果が低下してしまいます。また血液検査で陰性であってもインフルエンザの症状が疑われる場合には、タミフルが処方される事もあるでしょう。場合によっては、細菌性の風邪も疑われ風邪薬も処方されるかも知れません。
この場合、タミフルと抗生剤や風邪を緩和する為の薬とを併用する事で問題が起こり得ます。
風邪薬には交感神経を刺激し咳を抑えたり気道を広げ諸症状を緩和するためにエフェドリンを含むものが広く用いられていますが、タミフルとエフェドリンとの併用で異常行動を起こした例も報告されています。ただし、この事はタミフルに限った事ではなく他の抗インフルエンザ薬でも同様の事です。
一方で副作用さえ起きなければ、タミフルはインフルエンザの症状を示す期間を短縮出来る為、老人や子供など体力が少ない方々には有効なものでもあります。
最後に、血液検査との関わりですが、実は薬剤そのものよりも白血球数増加の影響の方が問題になります。インフルエンザの感染では通常白血球数の増加はみられませんが、症状が悪化するにつれ細菌の感染も併発する為です。